クリンデオに関する問い合わせはこちらから
よくあるご質問

お客様から寄せられたさまざまな質問にお答えいたします。

Q. クリンデオのような除菌消臭剤はなぜ今まで作られなかったですか?

A. 次亜塩素酸ソーダに酸性の薬液を混ぜ合わせると有害な塩素ガスが発生する危険性があり、さらに中性領域にpH値を維持する事が技術的に困難であった為です。

Q. クリンデオは、何から出来ているの?

A. 食品添加物の次亜塩素酸ソーダと微量の希塩酸の混合によりpH値を弱酸性〜中性に安定化させ 最大限に消臭、除菌効果の高いpH値5.5±0.5に安定化を実現させた溶液です。 詳しくはクリンデオの成分をご覧下さい。

Q. クリンデオは間違えて口に入っても安全ですか?

A. 食品添加物の2つの薬液(次亜塩素酸ソーダ.希塩酸)の希釈今混合水で、食品の殺菌用として使用して良いというのが厚生労働省の見解です。 従ってクリンデオは間違って口に入っても問題ありません。万一、大量に飲んでしまった場合は、コップ1杯の水か牛乳を飲み、ただちに医師の診断を受けて下さい。

*単回経口投与毒性試験(急性毒性試験):異常は認められない(財)食品健康薬品センター

Q. 開封後の除菌消臭効果の持続性は?

A. 電気分解により生成された機能水と異なり、クリンデオは安定的です。24週経過しても10%程度の低下ですがより効果的にご使用頂くにはお早めにお使い頂くことをお奨めしています。

Q. 虫などに対しての効果は?

A. ゴキブリ、ダニ、蚊、ハエなど寄りつきにくくなる忌避効果があります。

Q. どの位まで薄めて使えますか? また、水道水でもよいですか?

A. 希釈割合は、使用用途によって異なりますが一般的な除菌消臭ですと、4倍に希釈してご使用いただけます。 希釈する水ですが、水道水で全く問題はありません.また飲用として認められている井戸水であればご使用いただけます。

Q. どのような菌が除菌できるの?除菌能力は?

A. 大腸菌、黄色ブドウ球菌,緑濃菌、サルモネラ菌,腸炎ピプリオ等その他多くの菌で効果が得られます。 また、インフルエンザウイルス、ノロウイルス等のウイルスにも効果があります。 除菌能力については、従来の次亜塩素酸ナトリウム(HClO)の働き80〜100倍の除菌効力があります。

Q. どんなものでも消臭できるの?

A. 汚物、嘔吐物、生ゴミ、排水溝、たばこの付着菌、空中浮遊菌を除菌することによって消臭します。 よって悪臭に対して効果がありますが、香水などの香料類には効果がみられません。

Q. 部屋全体を除菌したいのですが?

A. 部屋に直接スプレーしても効果的ですが、超音波式加湿器(4倍希釈) して空間除菌をお勧めします。

Q. 有効期限はあるの?

A. 製造日より6ヶ月以内にお使い下さい。冷暗所に保管しますと1年位有効です。開封後はなるべくお早めにお使い下さい。

Q. 希釈濃度の違いによる除菌力の変化は?

A. 4倍希釈までは、ほとんど変化がありません。

Q. まな板や包丁にスプレーした後、水洗いする必要がありますか?

A. 有機物と接触すると水に戻る為残留物はありません。また水洗いの必要性もありません。

Q. 他のものと混ざって有害物質を生成することはないですか?

A. 有害物質を生成することはありません。

Q. クリンデオはどこで買えるの?

A. クリンデオはこちらで購入出来ます。

クリンデオに関するお問い合わせはこちらから